どうやってイスラームに入るか?

どうやってイスラームに入るか?

人は2つの証言(シャハーダ)を‐その意味を理解し、それを確信し、その意味するところに従いつつ‐口にすることで、イスラームに入ります。2つの証言(シャハーダ)とは、以下の通りです: 

  1. アシュハド・アッラー・イラーハ・イッラッラー(つまり:私は、アッラー以外に真に崇拝に値する存在はない、ということを証言し、信じ、いかなる共同者もないかれのみを崇拝します、という意味)。
  2. アシュハド・アンナ・ムハンマダッラスールッラー(つまり:私は、ムハンマドが全人類に遣わされたアッラーの使徒であることを証言し、彼の命令に従い、彼が禁じることを避け、彼の教えとスンナ(47ページ参照)に沿って、アッラーを崇拝することを証言します、という意味)(42ページ参照)

新改宗者のグスル:

イスラームに入った瞬間とは、人生における最も偉大な瞬間です。それは真の誕生なのであり、人はその後に、人生における自分の存在理由を知るのです。そしてこの宗教に入った者には、グスル(96ページ参照)をし、全身に水を行き渡らせることが定められています。つまり内面をシルク(58ページ参照)と罪から清めたのと同様に、水でグスルすることによって外面も清めることが、勧められているのです。

 預言者rは、ある教友‐あるアラブの指導者‐がイスラームに入ろうとした時、彼にグスルするよう命じました(アル=バイハキー837)。