アッラーがサウムを免除した人々

アッラーがサウムを免除した人々

 アッラーはある種の人々に、ラマダーン月にサウムしなくてもよいという許可を与えられました。それは彼らへの軽減と慈悲、簡易化のためであり、以下に挙げる人々です:

1 اサウムによって被害を被る病人。サウムをせず、それをラマダーン後に償うことが許されます。

2 高齢や、回復の見通しのない病気ゆえに、サウムができない人。サウムをせず、一日につきその土地の主食1.5キロ分を、1人の貧者に施すことが許されます。

3 移動中、あるいは4日未満の一時滞在中の旅行者。サウムをせず、それをラマダーン後に償うことが許されます。アッラーは仰せられました。『そして病気だったり、旅行中だったりした者は、別の日々にその日数を(サウムせよ)。アッラーはあなた方に容易さをお望みになるのであり、あなた方に困難を望まれているのではない。』(クルアーン2:18)

4 月経/産後の出血。それらの女性にはサウムが禁じられ、サウムしても無効です。出来なかったサウムは、ラマダーン後に償わなければなりません。 .

5 妊婦と授乳中の女性。サウムによる自分自身、あるいは胎児・子供の害を恐れるのであれば、サウムをせず、その日の分を後に償います。 .