アッラーへと招くことの徳(イスラームへと招くこと)

アッラーへと招くことは、最善の行い・最も崇高なお近づきの行為の1つです。クルアーンとスンナには、この行いを讃える件が沢山あります。その内の一部を、以下に挙げてみましょう:

  1. アッラーへと招くことは、この世とあの世における、成功と勝利への道です。アッラーは仰せられます。『また、あなた方の内から、善へと招き、よいことを命じ、悪事を禁じる共同体を出現させよ。そしてそれらの者たちこそは、成功者なのだ。』(クルアーン3:104)
  2. 布教者の言葉は、最善かつアッラーが最もお好きになる言葉です。アッラーは布教者の言葉を讃えて、こう仰せられました。『そして、アッラーへと招き、正しい行いをし、“実に私はムスリムの1人です”と言う者よりも、よい言葉の者があろうか?』(クルアーン41:33)ゆえに、彼の言葉より善い言葉はないのです。彼は人々のガイドであり、彼らの主・創造者・庇護者の崇拝へと案内する者であり、彼らをシルクという闇から信仰の光へと救い出してくれる者なのです。
  3. 布教は、アッラーの命令の実行です。アッラーは仰せられます。『英知とよき訓戒でもって、あなたの主へと招くのだ。そして最善の方法で、彼らと議論せよ。』(クルアーン16:125)ゆえに布教者は、英知をもってイスラームへと招かなければなりません。つまり、自分が招こうとする者のことを知り、彼らにとって適切で、かつ彼らが必要としている善い訓戒、そして彼らが導かれるに最善・最も穏やか・最適な会話をもって、物事に適切に対応するのです。
  4. 全使徒‐その筆頭が、私たちの使徒ムハンマドrです‐の使命であること。アッラーはかれの使徒rを、人々への証人・信仰者に天国とご褒美の吉報を伝える者・不信仰者と罪悪者に対して地獄と懲罰の警告を告げる者・全人類に光を広めるアッラーへと招く者として、遣わされたのです。アッラーは仰せられました。『預言者rよ、実にわれらはあなたを、証人・吉報を伝える者・警告を告げる者として遣わした。また、かれのお許しのもとにアッラーへと招き、目映い灯火として。また、信仰者たちには、アッラーからの大きな恩寵があるという、吉報を告げよ。』(クルアーン33:45-47)
  5. 布教は途切れることののない、善の扉です。あなたの招きに応じ、あなたの手で導かれた者があれば、あなたには彼と同様のご褒美‐彼のサラー(礼拝)や崇拝、人々への教授などにおけるご褒美も含みます‐があるのです。布教者へのアッラーの恩恵とは、何と偉大なものでしょうか。預言者rは、こう仰りました。「導きへと招く者には、それに従った者のものと同様のご褒美がある。そしてそれは、彼ら自身(導かれた者たち)のご褒美から、いかなる削減ももたらさないのだ。」(ムスリム2674)
  6. アッラーへと招く者のご褒美は、この世の全ての享楽に優ります。布教者のご褒美はアッラーだけのもので、しもべたちから受け取るわけではないゆえに、偉大なご褒美となるのです。気前のよい者は、自分が愛する者には価値あるものしか与えないのですから。アッラーは仰せられました。『それで、もしあなた方が背を向けても、私はあなた方にいかなる褒美を求めたわけでもない。私の褒美は、アッラーからのみなのである。そして私は、ムスリムの1人となるよう、命じられたのだ。』(クルアーン10:72)また預言者rは、こう仰りました。「アッラーがあなたを介して1人の男を導かれることは、あなたに赤いラクダ(当時のアラブ人にとって非常に価値あるもの)があるよりも、あなたにとって善いことなのだ。」(アル=ブハーリー2847、ムスリム2406)