イスラームにおける品性の地位

イスラームにおける品性の地位

  1. 品性は、預言者rが人類に遣わされた最も重要な目的の1つ:

 アッラーは仰せられました。『かれは、文盲の者たちに彼ら自身の内から、1人の使徒‐彼は、彼らにそのみしるしを読誦し、彼らを清める‐を遣わされたお方。』(クルアーン62:2)このようにアッラーは、信仰者たちにクルアーンを教え、彼らを清めるために、その使徒を遣わされることで、彼らに恩恵を授けられたのです。この「清める」とは、シルクや、憎しみや嫉妬などの悪い品性から心を浄化し、また悪い品性と習慣ゆえの言動を清めることを指します。預言者rは、このように明白に仰りました。「私は、よき品性を全うするために遣わされたのである。」(アル=バイハキー21301)ゆえに、彼rが遣わされた最も大事な理由の1つが、個人と社会の品性を高めることだったのです。

  1. 品性は、信仰心・信仰箇条と密接した一部分:

品性の完遂は、預言者rが遣わされた最も重要な目的の1つです。 .

アッラーの使徒rは、「最も優れた信仰心をもった信仰者は、誰ですか?」と質問され、こう仰りました。「最も品性の優れた者である。」(アブー・ダーウード4682、アッ=ティルミズィー1162)

またアッラーは、信仰を「善」と名付けられました。かれは、こう仰せられます。『善とは、あなた方の顔を東や西に向けることではない。しかし善(を行う者)とは、アッラーと最後の日、天使たち、啓典、預言者たちを信じる者…』(クルアーン2:177)ここでの「善」とは、品性・言葉・行いなどの、あらゆる種類の善を示す名称のことです。それゆえ、預言者rはこう仰いました。「善とは、よき品性のことである。」(ムスリム2553)

また、このことは預言者rの次の言葉にも、明白に表れています。「信仰は60数本の枝に分かれている。その最善のものが“ラー・イラーハ・イッラッラー(アッラーの外に、崇拝に値するものなし)”という言葉であり、最も小さいものが、道から害になる物をどけることである。そして羞恥心は、信仰の一部なのだ。」(ムスリム35)

  1. 品性は、全ての種類の崇拝と結び付いている

あなたは、アッラーがその品性上の目的、あるいは、それがもたらす人と社会への影響を喚起せずには、崇拝のことについて言及されないのを見い出すはずです。そのような例は枚挙に暇がありませんが、その一部を以下に挙げましょう:

サラー(礼拝):『また、サラーを順守せよ。本当にサラーは、醜行と悪事から遠ざける。』(クルアーン29:45)

ザカー(浄財):『彼らの財産から、彼らを清め、育む、施しを受け取るのだ。』(クルアーン9:103)このように、ザカーの真実は人々への善行と慰安である一方、それは心を研磨し、悪い品性から浄化してくれるのです。

サウム(斎戒):『あなた方以前の者たちに定められたように、あなた方にもサウムが定められた。それはあなた方が、(アッラーを)畏れるようになるためなのである。』(クルアーン2:183)ゆえにその目的は、アッラーのご命令を行い、かれが禁じられたことを避けることで、かれを畏れることなのです。預言者rが次のように仰ったのは、このような理由によります。「アッラーは、嘘の言葉や行いをやめない者が飲食を控えることを、必要とはされない。」(アル=ブハーリー1804)ゆえにサウムによって、人々に対する自分の心と品性が改善されない者は、サウムの目的を果たしてはいないことになります。

  1. よき品性に対してアッラーがご用意された、偉大な徳と大きなご褒美の数々:

このことを示す根拠は、クルアーンとスンナ(47ページ参照)の中に沢山含まれています。以下に、その一部を挙げてみましょう:

  • それは審判の日、秤の上に最も重い善行となります:

預言者rは、仰りました。「秤の上に載せられるもので、よき品性よりも重いものはない。実によき品性の主は、それによってサウムとサラーの主の地位にまで達するのだ。」(アッ=ティルミズィー2003)

  • それは天国に入る、最大の理由の1つです:

預言者rは、仰りました。「人々を最も多く天国に入れるものが、アッラーへの畏怖の念と、よき品性なのだ。」(アッ=ティルミズィー2004、イブン・マージャ4246)

  • 審判の日、よき品性の者は、アッラーの使徒rから一番近い場所にあります:

 預言者rは、仰りました。「審判の日、私の最愛の者、そして私に最も近い場所にある者の1人が、あなた方の中で最も品性の優れた者である。」(アッ=ティルミズィー2018)

  • アッラーの使徒rが保証し、強調しているように、よき品性の者の場所は、天国での最高の場所となります:

 預言者rは、仰りました。「私は、たとえそれに値したとしても、疑念を放棄した者に、天国の外れの地にある家を保証しよう。また、たとえ冗談であっても嘘を放棄した者には、天国の中心にある家を保証しよう。そして品性の優れた者には、天国の一番高い場所にある家を保証しよう。」(アブー・ダーウード4800)