イスラームにおける女性の地位

イスラームにおける女性の地位

イスラームは女性に栄誉を与え、男性への隷属から解放しました。また女性を、名誉も尊厳もない安い商品となることから、解放したのです。女性の尊重に関する規定の例を、以下に挙げてみましょう:

  • イスラームは女性に、公平で栄誉高い遺産の配分において、相続の権利を与えました。それは、ある状況では男性と同等ですが、別の状況においては親等の差や、委任されている出費の義務に応じて、取り分が異なります。
  • 男女は、多くの異なる物事において平等に扱われています。その1つが、全ての経済活動です。預言者rは、こう仰ったほどなのです。「女性は男性の片割れである。」(アブー・ダーウード236
  • 女性は夫の選択に関して、自由があります。また、子供の養育に関して、大きな責任を課せられています。預言者rは仰りました。「女性もまた夫の家における世話人であり、自分が世話する者に対する責任者である…」(アル=ブハーリー853、ムスリム1829)
  • 女性には、自分の名の保持と、自分の父親の家系に属する栄誉が与えられています。ゆえに結婚後も彼女の系譜は変わることなく、自分の父親と家系の系譜に残ることになるのです。
  • 男性は、たとえ妻・母親・娘のように扶養義務を課せられた者であっても、恩着せがましくすることなく、女性の世話と出費を義務づけられています。
  • イスラームは、たとえ近親ではなくても、誰も身寄りのない、か弱い女性に奉仕する栄誉と徳を強調しています。そして、そのような女性への奉仕に努力することへ励行すると共に、それをアッラーの御許における最善の行いの1つとしているのです。預言者rは仰りました。「未亡人と恵まれない者たちのために努力する者は、アッラーの道において奮闘する者、中断することなくサラー(礼拝)する者、休止することなくサウム(斎戒)する者のようである。」(アル=ブハーリー5661、ムスリム2982)

イスラームがその奉仕の対象として強調している女性:

母親:アブー・フライラtは、こう言いました。「ある男がアッラーの使徒rの所にやって来て、こう言った:“アッラーの使徒よ、私がよい付き添いをするのに最もふさわしい人は、誰ですか?” 預言者rは仰りました。“あなたの母親だ。”男は言いました。“その次は、誰ですか?”彼rは仰りました。“その次は、あなたの母親だ。”男は言いました。“その次は、誰ですか?”彼rは仰りました。“その次も、あなたの母親だ。”男は言いました。“その次は、誰ですか?”彼rは仰りました。“あなたの父親だ。”」(アル=ブハーリー5626、ムスリム2548)

娘:ウクバ・ブン・アーミルtは、こう言いました。「私はアッラーの使徒rが、こう仰るのを聞いた。“3人の娘があり、彼女らにおいて忍耐し、自分の財から彼女らに食べさせ、飲ませ、着させる者。彼女らは審判の日、業火に対する彼の壁となってくれるだろう。”」(イブン・マージャ3669)

妻:アーイシャは、こう言いました。「アッラーの使徒rは、こう仰った。“あなた方の中で最善の者は、自分の家族に最善の者である。そして私は、自分の家族に最善の者なのだ。”」(アッ=ティルミズィー3895)