イスラームにおける結婚

イスラームにおける結婚

ا結婚は、イスラームが強調する関係の内、最も偉大なものです。

結婚は、イスラームが強調し、励行した諸関係の内でも、最も偉大なものです。イスラームは結婚を、使徒たちの習いとしました。

イスラームは結婚の決まりを始め、以下の詳細を示すことに関心を払っています:結婚の礼節。結婚関係を継続的で安定したものとして保つ、夫婦の諸権利。そこにおいて子供が、心理的安定・宗教的確立・人生におけるあらゆる分野における卓越と共に育つような、成功にあふれた家族の形成。

 

これらの結婚の決まりには、以下のようなものがあります:

イスラームは結婚が正しいものとなるべく、夫婦それぞれに幾つかの条件と義務を課しています。それは以下の通りです:

イスラームにおける妻の条件:

  1. 女性が、自分の宗教を信じるムスリマ(ムスリムの女性形)、あるいは啓典の民(ユダヤ教徒・キリスト教徒)であること。ただしイスラームは、私たちが宗教的なムスリマを妻として選ぶよう、励行しています。なぜなら妻は、あなたの子供の母親・養育者となり、あなたに対する善と宗教的な確固さへの助っ人となるからです。預言者rは、こう仰りました。「宗教的な女性を勝ち取るがよい。(もしこれに背くのなら、)あなたは苦労するであろう。」(アル=ブハーリー4802、ムスリム1466)
  2. 貞淑で、貞操を守る女性であること。卑猥な物事や姦淫で知られた女性は、結婚を禁じられます。アッラーは仰せられました。『また、女性の信仰者たちの内、貞淑な女性と、啓典の民の女性の内、淑貞な女性(が、あなた方に許されている)。』(クルアーン5:5)
  3. 女性が、結婚することを永久的に禁じられているマフラムではないこと。これは既に説明した通りです(206頁を参照)。なお、女性と、その姉妹/その父方の叔(伯)母/母方の叔(伯)母を同時に娶ることは出来ません。

イスラームにおける夫の条件:

夫は、ムスリムであることが条件づけられます。イスラームにおいては、ムスリマが非ムスリム‐彼が啓典の民かどうかは、関係ありません‐と結婚することは禁じられています。そして男性が以下の2つの特徴を備えていたら、結婚の申し込みを受け入れることを強く奨めています:

  • 宗教における確立。
  • よき品性。

預言者rは仰りました。「あなた方がその宗教と品性において満足のいくような男性が、(あなた方の後見下にある女性に) 結婚の申し込みをしてきたら、彼に結婚させよ。」(アッ=ティルミズィー1084、イブン・マージャ1967)