イスラームの5本の柱

イスラームの5本の柱

預言者rはこう仰いました。「イスラームは5つの上に成り立っている:“ラー・イラーハ・イッラッラー、ムハンマドゥッラスールッラー”の証言、サラー(礼拝)の順守、ザカー(浄財)、カァバ神殿へのハッジ(大巡礼)、ラマダーン月のサウム(斎戒)。」(アル=ブハーリー8、ムスリム16)

これらの5本の柱は宗教の土台であり、その最大の基軸です。これらの決まりについての補足と説明は、次章で行います。

そしてその冒頭が「信仰とタウヒード(一神論)」であり、それは「あなたの信仰について」という題名で次章に登場します。

そしてその後には、崇拝の内でも最大のものであり、最も大事なものである「サラー(礼拝)」が登場します。預言者rはこう仰いました。「支柱はサラーである。」(アッ=ティルミズィー2749)つまり、イスラームがその上に成り立ち、それなしでは成立しない支柱とはサラーである、ということです。

しかしサラーを有効なものとするためには、ムスリムがそれを清浄な状態で行うことが条件づけられます。この理由から、「あなたの信仰について」の後には「あなたのタハーラ(清め)について」が続き、その後には「あなたのサラー(礼拝)について」が登場します。

イスラームの柱
1   2
「ラー・イラーハ・イッラッラー」「ムハンマドゥッラスールッラー」の証言(シャハーダ) サラー(礼拝)の順守
 
3   4   5
ザカー(浄財)の拠出 ラマダーン月のサウム(斎戒) カァバ神殿へのハッジ(大巡礼)