イスラーム改宗後の家庭生活

あなたの環境と家族について

 新しいムスリムは改宗後、ムスリムであるかどうかを問わず、全ての知人・親戚らとよい関係を築き、よい形で付き合い、優れた品性で接しなければなりません。イスラームは、隠遁や孤立を勧めてはいないのです。

人々への善行と、最良の品性でもって彼らと付き合うことは、この宗教の最善の紹介法でもあります。アッラーの使徒rは、優れた品性を完遂するために遣わされたのですから。

そして家族は、優れた品性と、寛容で親切な付き合い方を実践する、最初のステップなのです。

以下に示すのは、新しいムスリムが家族との付き合いにあたって必要とするかもしれない、イスラーム法の一部です。

イスラーム改宗後の家庭生活

夫婦が同時に改宗した場合:

夫婦が同時に改宗した場合、イスラームにおいても結婚関係のままです。結婚の契約を、新たに結びなおすことはありません。

ただし、以下の状況は例外とされます:

  1. もしマフラム(206ページ参照)と結婚していた場合。つまり、自分の母/姉妹/(父方の)叔(伯)母/(母方の)叔(伯)母と結婚していた場合、イスラーム改宗と同時に離婚しなければなりません(219ページ参照)。
  2. 姉妹どうし、または妻とその(父方の)叔(伯)母、あるいは妻とその(母方の)叔(伯)母と同時に結婚していたような場合。この場合も、いずれかを離婚する必要があります。
  3. 夫婦が同時に改宗したものの、妻の数が5人以上である場合。5人以上と結婚関係を続けることは許されないので、その内から4人だけ選び、残りは離婚しなければなりません。