イード・アル=アドハー(犠牲祭)

イード・アル=アドハー(犠牲祭)

イード・アル=アドハーはムスリムにとって2番目のイードで、ズルヒッジャ月(イスラーム暦の12番目の月)の10日目です。そこには沢山の徳があります。以下に、その一部を挙げてみましょう:

  1. 1年間で最良の日々の内の1つ。1年間で最良の日は、ズルヒッジャ月最初の10日間です。預言者rは、こう仰いました。「この10日間よりも、アッラーにとって善行が喜ばしいものとなる日はない。」教友たちは言いました。「アッラーの道における奮闘でさえも、(その10日間の善行に匹敵しないの)ですか?」彼は答えました。「アッラーの道における奮闘でさえも、である。ただし(そのために)自分の命と財産をかけて出かけ、そこから何か手にしたまま帰って来ることもなかった者は別だが。」(アル=ブハーリー926、アッ=ティルミズィー757)
  2. それはいわゆる「ハッジ最大の日」です:その日は、カァバ神殿のタワーフ・犠牲・アカバのジャマラの投石といった、ハッジで最も偉大で重要で栄誉高い行があります。

イード・アル=アドハーの日に行うこと

イード・アル=アドハーの日、ハッジに参加していない人はイード・アル=フィトル(ラマダーン明けの祭り)で行う全てのことを行います(147ページ参照)。ただしザカート・アル=フィトルだけはイード・アル=フィトルだけのものなので、行いません。

またイード・アル=アドハーは、アッラーへのお近づきとして犠牲を屠ることが推奨されていることで、特別なものとなっています。

犠牲とは:イード・アル=アドハーの日(ここではイードのサラー後から、ズルヒッジャ月13日目のマグリブまでという意味)、アッラーへのお近づきとして屠る、ラクダ/牛/羊(あるいは山羊)のことです。アッラーは仰せられました。『ならばあなたの主にサラーし、(犠牲を)屠れ。』(クルアーン108:2)

その法的位置づけは:それが出来る者にとっての、推奨されたスンナです。その場合、ムスリムは自分自身と、家族のために犠牲を屠ります。

犠牲を屠ろうとする場合、ズルヒッジャ月1日目からそれを屠る時まで、犠牲の毛・爪・皮などを取らないようにします。

犠牲とする家畜の条件:

イスラームは犠牲とする家畜に、傍目にも明らかな欠陥がないことを条件づけています。

  1. 家畜獣‐羊(あるいは山羊)・牛・ラクダのこと‐であること。それ以外の動物や鳥類は、犠牲として有効ではありません。  羊一頭、あるいは山羊一頭が、男性とその家族全員分となります。ラクダ一頭・牛一頭を7人(及びその各々の家族)分として、共同して屠ることも可能です。
  2. 犠牲が定められた年齢に達していること。その年齢とは:羊なら6ヶ月、山羊なら1歳、牛なら2歳、ラクダなら5歳です。
  3. 犠牲に、傍目にも明らかな欠陥がないこと。預言者rは、こう仰いました。「犠牲として許されない4つのもの:明らかに失明しているもの、明らかに病を患っているもの、明らかに足に障害を負っているもの、骨の髄がないほどに痩せ細っているもの。」(アン=ナサーイー4371、アッ=ティルミズィー1497)

犠牲に対してすること

  • 犠牲のいかなる部位も、売ることは出来ません
  • 犠牲の肉は3等分することが推奨されます。そして3分の1を自分たちで食べ、3分の1はプレゼントし、残りの3分の1は貧者に配るようにします。
  • 犠牲を屠り、それを恵まれない人々に配布する信頼できる慈善組織などに金額を渡し、委任することも可能です。