サラーにおける畏怖の念

サラーにおける畏怖の念

 サラーにおける畏怖の念は、サラーの真実であり本質です。その意味は、自分が唱えるクルアーンの句・祈願・念唱を味わいながら、従順さと慎ましさと共に、サラーにおいて自分がアッラーの御前にあることを実感することです。

 畏怖の念は崇拝の中でも最善のもので、服従行為の内でも最も高尚なものです。アッラーがその啓典において、それが信仰者の特質の1つであることを強調されているのは、こうした理由によります。アッラーUは、こう仰せられました。『本当に信仰者たちは、成功した。(彼らは)そのサラーにおいて、畏怖する者たちである。』(クルアーン23:1-2)

 サラーの中で畏怖の念と共にある者は、崇拝と信仰の甘美さを味わいます。それゆえ預言者rは、こう仰いました。「私の喜びは、サラーにある。」(アン=ナサーイー3940)この「喜び」とは、この上ない歓喜・幸せ・親しみ・心地よさの意味です。

サラーにおける畏怖の念を呼び起こす手段:

 サラーにおける畏怖の念を呼び起こす手段は、沢山あります。以下に、その一部を挙げてみましょう:

  1. サラーへの準備と支度:

 それは男性にとっては、以下のことです:モスクに早く出かけること。義務のサラーの前のスンナを行うこと。適当なよい衣服を着ること。厳粛さと落ち着きと共に、モスクへと歩いて行くこと。

  1. サラーから気をそらすことや、サラーの 邪魔をするものの回避:

そのためには、以下のようなことをしないようにします:絵や、気をそそるようなものを前にサラーしないこと。気を散らすような音を聞きながらサラーしないこと。トイレに行きたい時に、サラーしないこと。空腹、あるいは喉が渇いている時、飲食物を目の前にサラーしないこと。これらは全て、サラーする者の意識を明瞭にし、彼が始めようとしているサラー・主との対話という大事なことに勤しませるためなのです。

  1. サラーにおける落ち着き:

預言者rは、ルクーやサジダにおいて、全身の骨がそのあるべき位置に達するまで、静止させられたものでした。そしてサラーを上手に行わない者には、サラーの全動作において落ち着いて行うよう命じられたものです。彼はサラーの動作を急ぐのを禁じ、それをカラスがくちばしで突く動作にたとえられました。預言者rは、こう仰いました。「人々の中で一番盗みのひどい者は、自分のサラーを盗む者である。」教友たちは言いました。「アッラーの使徒よ、どうやって自分のサラーを盗むのですか?」彼は答えました。「ルクーとサジダをちゃんと行わないことである。」(アフマド22642)

サラーにおいて落ち着きのない者は、畏怖の念を持つなど不可能です。なぜなら急ぐことで、畏怖の念はなくなってしまうからです。サラーにおいて、カラスがくちばしで突くような動作をすることは、せっかくのご褒美を失ってしまうことにつながります。

  1. 自分がその御前に立とうとしているお方の偉大さを、実感すること:

それは、以下のようなことを思い出すことです:創造主の偉大さと崇高さ、自らの弱さと卑小さ。自分の主に話しかけ、従順に、身を低めて、哀れに祈るために、その御前に立とうとしていること。アッラーがあの世で信仰者のために用意されたご褒美と、シルクを犯す者のために用意された罰。あの世における、アッラーの御前での自分自身の状況。

これらのことをサラーで思い出す信仰者は、アッラーがその啓典の中で「自分たちの主に拝謁することを確信する者たち」と描写された者のようになるでしょう。アッラーは、こう仰せられました。『そしてそれは本当に、恭順な者たち以外には難しいこと。(彼らは)自分たちの主と拝謁することを、そして彼らがかれの御許へと戻ることを、確信する者たち。』(クルアーン2:45-46)

サラーする者が、アッラーが自分の言うことをお聞きになり、自分にお与えになり、お答えになると実感する時、その実感の度合いに応じて畏怖の念が湧いて来るのです。

  1. 読んでいるクルアーンの句と、サラーにおけるその他の言葉の意味を熟慮し、それらと積極的に関わり合うこと:

クルアーンは、熟慮するために下されました。『(それは)彼らがその句を熟慮し、冴えた知性の持ち主たちが教訓を得るために、われらがあなたに下した祝福多き啓典である。』(クルアーン38:29)そして熟慮は、クルアーンの句・念唱・祈願など、自分が読むものについての知識がなければ、生まれません。その知識があって初めて、一方では自分の状態と状況を、もう一方ではそれらのクルアーンの句や念唱の言葉を熟慮することが可能になり、畏怖の念と従順さ、感動が生じるのです。もしかすると両目は涙で溢れ、感動することなしには、クルアーンの句を読み通せることはないかもしれません。彼は、アッラーが仰せられるような、耳が聞こえず、目が見えないような者ではないのです。『また、彼らの主の句で訓戒されれば、耳が聞こえず、目も見えない者のように、それをおろそかにはしないような者たち。』(クルアーン25:73)