マッカとハラーム・モスクの徳

マッカとハラーム・モスクの徳:

ハラーム・モスクは、アラビア半島西部に位置するマッカ市内にあります。そこにはイスラームにおいて、沢山の徳があります。そのいくつかを、以下に挙げてみましょう:

  1. そこにはカァバ神殿があります。

カァバ神殿の扉には、沢山のクルアーンの句が記されています。

カァバ神殿は四角形、ほぼ立方体の建物で、マッカ市内のハラーム・モスクの中にあります。

カァバ神殿は「キブラ」と呼ばれ、ムスリムたちはサラーや、アッラーが命じられたその他の崇拝においてそこへと向かいます。カァバ神殿はアッラーUのご命令により、イブラーヒームとその息子イスマーイールによって建てられました。そしてその後も、幾度となく再建されたのです。

アッラーはこう仰せられます。『また、イブラーヒームとイスマーイールが館(カァバ神殿)の礎を上げた時のこと。(彼らはこう祈った。)“私たちの主よ、私たちからお受け入れ下さい。本当にあなたはよく聞かれるお方、全知者です。”』(クルアーン2:127)

 また、預言者ムハンマドrはそれが再建された時、マッカの諸部族と共に、カァバの黒石を元の場所に戻す作業に加わりました。

 

  1. 地上における最初のモスク。

教友アブー・ザッルtが「アッラーの使徒よ、地上で最初に建設されたのは、どのモスクですか?」とアッラーの使徒rに質問したとき、彼はこう答えました。「ハラーム・モスクだ。」アブー・ザッルは言いました。「その次は?」彼は答えました。「アクサー・モスクだ。」アブー・ザッルは言いました。「その2つの(時間的)間隔は?」彼は答えました。「40年間である。そしてサラー(礼拝)の時間が来たら、どこででもサラーするのだ。実にそこ(サラーの時間が来たら、サラーすること)にこそ、徳があるのだから。」(アル=ブハーリー3186、ムスリム520)

  1. サラーのご褒美が倍増する。

アッラーの使徒rは、こう仰いました。「私のこのモスク(預言者モスク)での1回のサラーは、それ以外のモスクでの千回のサラーに優る。ただしハラーム・モスクだけは別で、ハラーム・モスクでの1回のサラーは、それ以外の場所での10万回のサラーに優るのだ。」(イブン・マージャ1406、アフマド14694)

  1. アッラーとその使徒の聖域。

アッラーは仰せられました。『“私は外でもなく、この町の主‐かれがそこを聖なるものとされたのであり、かれには全てが属する‐を崇拝するよう命じられたのだ。そしてムスリムの1人となることを、命じられたのである。”』(クルアーン27:91)

アッラーはマッカを、人間にとって聖なるものとされました。つまり彼らはそこで血を流したり、誰かに不正を働いたり、狩りを行ったり、その草木を刈ったりすることを禁じられているのです。

預言者rは、こう仰いました。「実にマッカは、アッラーが聖なるものとされたのであり、人々がそうしたのではない。ゆえにアッラーと最後の日を信じるいかなる者も、そこで血を流したり、そこで木を折ったりすることは許されない。」(アル=ブハーリー104、ムスリム1354)

  1. アッラーとその使徒ムハンマドrにとって、最愛の町。

ある教友は、こう言っています。「私はハズワラ(マッカの1地区)で、アッラーの使徒rがラクダに乗ったまま、こう言っているのを見た。“アッラーに誓って。本当にあなた(マッカのこと)は、アッラーの地でも最善であり、アッラーの地の中でもアッラーに最愛のものである。もしあなたから追い出されなければ、私は(あなたから)出なかったであろう。”」(アッ=ティルミズィー3925、アン=ナサーイー4252)

  1. アッラーは、そこへと到達することが出来る者に対し、カァバ神殿へとハッジすることを義務づけられた。

イブラーヒームUは人々にハッジするよう呼びかけ、それで人々はあらゆる場所からそこに集まって来ました。またアッラーの使徒rも伝えているように、預言者たちもそこへとハッジしています。アッラーはイブラーヒームに命じて、こう仰せられています。『また、人々にハッジを呼びかけよ。そうすれば彼らは徒歩で、そしてやせ細った沢山のラクダ‐それらはありとあらゆる遠い道から来るのだ‐に乗って、あなたのもとにやって来よう。』(クルアーン22:27)