ラマダーン月のサウム

ラマダーン月のサウム

サウムの意味:

 イスラームにおけるサウムの意味は:ファジュル(ファジュルのアザーン時間)から日没(マグリブのアザーン時間)まで、飲食や性交・その他のサウムを無効にする物事を控え、自らに禁じることで、アッラーを崇拝することです。

ラマダーン月の徳

ラマダーン月は、イスラーム暦における太陰暦の9番目の月です。

 ラマダーン月は、イスラーム暦における太陰暦の9番目の月です。ラマダーン月は1年で最良の月であり、アッラーはそれ以外の月にはない多くの徳によってそれを特別なものとされました。その徳のいくつかを、以下に挙げてみましょう:

  1. ラマダーン月は、最も偉大で最も栄誉ある書‐クルアーン‐の啓示により、アッラーが特別にされた月です。アッラーは仰せられました。『クルアーンが人々への導きとして、そして導きと識別の明証として下されたラマダーン月。ならば、あなた方の内でその月を見た者は、サウムせよ。』(クルアーン2:185)
  2. 預言者rは仰いました。「ラマダーン月に入ると天国の扉が開かれ、地獄の扉は閉じられ、シャイターンはつながれる。」(アル=ブハーリー3103、ムスリム1079)そしてアッラーはこの月を、そのしもべが服従行為の遂行と悪事の放棄によって、かれへと向かって努力するためにご用意されたのです。
  3. ラマダーン月の昼間をサウムし、その夜にサラーのために立つ者は、それ以前に犯した罪を赦されます。預言者rはこう仰いました。「信仰心と、ご褒美ゆえの努力をもってラマダーン月をサウムする者は、それ以前に犯した罪を赦される。」(アル=ブハーリー1910、ムスリム760)また、こうも仰いました。「信仰心と、ご褒美ゆえの努力をもってラマダーン月にサラーする者は、それ以前に犯した罪を赦される。」(アル=ブハーリー1905、ムスリム759)
  4. ラマダーン月には、一年の内で最も偉大な夜があります。それはアッラーがその書の中で、そこで行う善行が長い年月に渡る行いにも優る、と仰せられた「ライラトルカドル(荘厳なる夜)」のことです。アッラーは仰せられました。『ライラトルカドルは、千の月に優る。』(クルアーン97:3)信仰心と、ご褒美ゆえの努力をもってこの夜にサラーする者は、それ以前に犯した罪を赦されます。ライラトルカドルはラマダーン月最後の10日間のいずれかで、誰もそれが何日目にあたるか、確実に知ることは出来ません。

サウムに秘められた英知

 アッラーはサウムを、この世とあの世における沢山の英知と、多くの秘密ゆえに義務づけられました。そのいくつかを、以下に挙げてみましょう:

  1. アッラーUに対する畏れの念を養うこと:

それは、しもべが自分の好きなものを放棄し、欲望を断つことによって、その主にお近づきになる崇拝行為であるためです。こうしてその心には、場所や時、公か私かを問わないアッラーに対する畏れの念と、アッラーIの監視の目に対する鋭敏さが染み付くのです。アッラーがこう仰せられたのは、このような理由によるためです。『信仰する者たちよ、あなた方以前の者たちに定められたように、あなた方にもサウムが定められた。それはあなた方が(アッラーを)畏れるようになるためなのである。』(クルアーン2:183)

  1. アッラーへの不従順さや罪を一掃するトレーニング:

サウムする者がアッラーのご命令に従って、そもそもは合法なものを自らに禁じれば、不従順さや罪への欲望を抑え、アッラーの決まりを守り、空しいことにおいて度を越さないようにする力が身につきます。預言者rは仰いました。「アッラーは、嘘の言葉や行いをやめない者が飲食を控えることを、必要とはされない。」(アル=ブハーリー1804)つまり嘘の言葉や行いをやめない人は、サウムの目的を果たせないということです。

  1. 恵まれない者を思いやり、慰めること:

サウムには、欠乏や飢えの辛さを味わう体験と、長期間に渡って欠乏の辛さを味わっている貧しい人々を思い起こす効果があります。こうしてしもべは貧しい同胞と、彼らがいかに飢えや渇きという二重苦に苦しんでいるのかを思い出し、彼らに援助と救いの手を伸ばす努力をするのです。

サウムの徳

 サウムには、イスラームの法典拠の中で言及された、沢山の徳があります。その内のいくつかについて、以下に挙げてみましょう:

  1. アッラーを信仰し、そのご命令に従い、それについて述べられた徳を信じ、アッラーの御許でのご褒美ゆえの努力をもってラマダーン月をサウムする者は、それ以前に犯した罪を赦されます。預言者rは仰いました。「信仰心と、ご褒美ゆえの努力をもってラマダーン月をサウムする者は、それ以前に犯した罪を赦される。」(アル=ブハーリー1910、ムスリム760)
  2. サウムする者はアッラーとの拝謁の際、そのサウムによって得るご褒美と安楽に、喜ぶことになります。預言者rはこう仰いました。「サウムする者には、2つの喜びがある:それを解く時の喜びと、自分の主に拝謁する時の喜びである。」(アル=ブハーリー1805、ムスリム1151)
  3. 天国には、サウムした者しか入ることの出来ない「ライヤーン」という名の門があります。預言者rは仰いました。「審判の日、天国にはサウムした者しか入ることの出来ない、“ライヤーン”という名の門がある。“サウムしていた者たちはどこだ?”と言われると、彼らは立ち上がる。彼ら以外の誰も、そこから入る者はいない。そして彼らが入ると閉められ、そこから誰も入ることはない。」(アル=ブハーリー1797、ムスリム1152)
  4. アッラーはサウムのご褒美と報いを、ご自身に結び付けられました。そしてご褒美と報いが高貴かつ偉大、寛大かつ慈愛深いお方から頂ける人は、アッラーが彼に用意してくれたものを喜ぶべきです。預言者rはこう仰いました。「全てのアーダムの子の行いは、彼自身のものである。ただしサウムだけは別で、それはわれのものであり、われがそれゆえに褒美を与えるのだ。」(アル=ブハーリー1805、ムスリム1151