両親の諸権利

両親の諸権利

両親への孝行と善行は、最も偉大な善行・アッラーの御許で最もご褒美の多い行いの1つです。アッラーは親孝行と、ご自身の崇拝・唯一性を並べて言及されました。

また両親への孝行と善行を、天国に入る最大の理由の1つとされました。預言者rは、こう仰ったのです。「父親は、天国にある門の中心である。ゆえに望むなら、その門を失うか、あるいは守るがいい。」(アッ=ティルミズィー1900)

  • 親不孝と両親への不品行の危険性:

様々な宗教法が禁じ、警告している大罪の中でも最大のものの1つが、両親への不品行です。それは預言者rが、教友たちに対して、こう仰った通りです。「大罪の中でも最大のものを、あなた方に教えてやろうか?」彼らは言いました。「ええ、アッラーの使徒よ。」彼は、こう仰りました。「アッラーの対してシルク(58ページ参照)を犯すことと、親不孝である。」(アル=ブハーリー5918)

  • アッラーへの不服従とはならない物事において、両親に従順であること:

両親の命じることには全て従わなければなりませんが、それがアッラーの不服従を命じることであれば別で、その場合は彼らに従ってはなりません。というのもそれは、創造主への不服従における被造物への服従となってしまうからです。アッラーは仰せられました。『また、われらは人間に、自分の両親への善行を命じた。そして彼らが、あなたに知識もないようなものをわれに同位させようとめるならば、彼らにうのではない。』(クルアーン29:8)

  • 特に年老いた両親への善行:

アッラーは、こう仰せられました。『また、あなたの主は、かれ以外は崇拝しないよう命じられた。そして両親に対しては孝行を。もし彼らの一方、あるいはいずれもが、あなたのもとで老齢に達したら、彼らに「ちぇっ」などと言ったりしてはならず、邪険にしたりしてはならない。そして、彼らに優しい言葉をかけてやるのだ。』(クルアーン17:23)

アッラーは人間に、親孝行を命じ、義務づけられました。また、特に彼らが老齢に達して弱くなった時、彼らに邪険にしたり、彼らを鬱陶しげにったりすること‐たとえそれが言葉ではなく、単なる舌打ちであっても‐を禁じました。

  • 非ムスリムの両親:

ムスリムはたとえ非ムスリムの両親であっても、彼らに孝行し、従うことが義務づけられています。アッラーは仰せられました。『そして彼らが、あなたに知識もないようなものをわれに同位させようと努めるならば、彼らに従うのではない。またこの世において、彼らによい形で連れ添うのだ。』(クルアーン31:15)