使徒を信じること (信仰の6本の柱)

人間はアッラーのメッセージを必要としている:

人々には、彼らに法を明らかにし、彼らを正しさへと導く、主のメッセージが必要です。アッラーからのメッセージは世界の魂であり、光であり、生命です。魂、生命、光がなくなったら、世界にいかなる改善が見込めるでしょうか?

アッラーがご自身のメッセージを「魂」と名付けられたのは、こういうわけなのです。魂がなければ、生命もありません。アッラーはこう仰せられました。『また同様に、われらはわれらの許御からの魂をあなたに下した。あなたは啓典も信仰も、知らなかった。しかしわれらがそれを、われらのしもべたちの内、われらが望む者をそれでもって導く光としたのだ。』(クルアーン42:52)

これは、理性が一般的な形で善悪を判別出来るものの、その詳細や部分的なもの、 崇拝とその行い方については、啓示とアッラーからのメッセージを介してでしか知ることが出来ないからです。

ゆえにこの世とあの世での幸せと成功は、使徒たちを通してでしか獲得することは出来ません。彼らを通してでしか、善悪を詳細に渡って知ることは出来ないのです。アッラーからのメッセージに背を向ける人は、そこに反し、背を向ける度合いに応じて、混乱・不安・不幸に陥ることになります。

信仰の柱の1本:

使徒を信じることは、信仰の6本の柱の1本です。アッラーはこう仰せられました。『使徒は、その主から彼に下されたものを信じた。そして信仰者たちも。(彼らは)皆、アッラーとその天使たち、その啓典、その使徒たちを信じるのだ。』(クルアーン2:285)

この節は、区別することなく、全ての使徒を信じる義務を表しています。ゆえに私たちはユダヤ教徒やキリスト教徒のように、ある使徒を信じて別の使徒は信じない、ということをしないのです。

また預言者rは信仰について、こう仰りました。「アッラーとその天使たち、その啓典、その使徒たち、最後の日、善いことであれ悪いことであれ、定命を信じることだ。」(ムスリム8)

使徒を信じることの意味:

それは以下のことを、完全に信じることです:アッラーが全ての民に、彼ら自身の内から、いかなる共同者もないアッラーだけを崇拝することへと招く、使徒を遣わされたということ。使徒は皆、正直・信仰者・敬虔・誠実であり、人を導き、また彼ら自身導かれた者たちであること。また、彼らがアッラーから託されて遣わされたもの全てを伝え、それを隠したり、変えたり、一文字たりとも自分で付け加えたり、削除したりすることがなかったこと。アッラーはこう仰せられました。『それで一体、使徒たちには明白なる伝達以外、何を課せられているというのか?』(クルアーン16:35)

使徒を信じることには、何が含まれるのか?

  1. アッラーからのメッセージが真実であることを信じること。また全てのメッセージは、いかなる共同者もないアッラーだけを崇拝することへと招くことにおいて、一致していることを信じること。アッラーは仰せられました。『またわれらは、全ての民に使徒を遣わした。(彼らは民にこう命じたのだ。)“アッラーを崇拝し、ターグート(アッラー以外に崇拝されるもの)を避けよ。”』(クルアーン16:36)

各預言者の法は、許されるものや禁じられるものなどの派生的部分において、各民に適当な形で異なる場合があります。アッラーは仰せられました。『われらはあなた方のそれぞれに、法と道を授けた。』(クルアーン5:48)

  1. 全ての預言者と使徒を信じること。私たちはムハンマド、イブラーヒーム、ムーサー、イーサー、ヌーフのように、アッラーがその名に言及された預言者rを信じます。一方、彼らの内、名前が分からない者については全体的な形で信じます。そして彼らの内の一人でも、そのメッセージを否定すれば、全ての預言者を否定したことになるのです。
  1. ムーサーuが海を真っ二つにした話などのように、使徒たちの情報・奇跡・スンナ(47頁を参照)の内、正しいものを信じること。
  1. 私たちに遣わされた使徒‐最良かつ最後の使徒ムハンマドr‐の法に則って行うこと。

使徒の特質:

  1. 彼らは人間であり、アッラーが彼らを啓示とメッセージによって特別化されたことを除けば、他の人間と変わりはありません。アッラーはこう仰せられました。『われらはあなた以前、(人間)男性以外には、遣わして啓示を授けることがなかった。』(クルアーン21:7)

彼らには、主としての特質や、崇拝される特質などは、全くありません。しかし彼らは品格的高さの頂点にあると同様に、容姿の秀逸さを極めた人間であり、同時に最良の血統を有する人々でもあります。また彼らには、彼らがメッセージの責任を担い、預言者としての任務を負うことを適役とする、優れた理性と雄弁さが備わっているのです。

 アッラーが人間を使徒としたのは、同種の者たちへの見本とするためでした。そうすれば使徒に従い、彼を手本とすることは、彼らに可能なこととなり、彼らの出来る範囲内のこととなるのです。

  1. アッラーは、彼らをそのメッセージによって特別な存在としました。アッラーUは啓示によって彼らを、他の人々よりも特別にしたのです。アッラーはこう仰せられました。『言え。“私は、あなた方の神は唯一の神である、ということを啓示された、あなた方と同様の1人の人間に過ぎない。”』(クルアーン18:110)

 ゆえに預言者性・使徒性というものは、魂の清浄さや頭脳、知的論理などによって得られるものではなく、主による選択なのです。アッラーは使徒たちを、他の人々の中から選び抜かれました。アッラーはこう仰せられます。『アッラーはそのメッセージを託される先を、最もよくご存知である。』(クルアーン6:124)

  1.  また彼らは、彼らがアッラーから伝えることにおいて無謬です。彼らは、アッラーからの伝達において間違えることがなく、アッラーが彼らに示啓したことの実行を誤ることもないのです。
  2.  正直さ:使徒たちは、その言動において正直です。アッラーは仰せられました。『これは慈悲深いお方が約束されたこと。そして使徒たちは、正直だったのだ。』(クルアーン36:52)
  3.  忍耐強さ:使徒たちは吉報を告げ、警告を放ちつつ、人々をアッラーへと招きました。そして色々な害悪と、様々な困難が彼らに襲いかかりましたが、彼らはアッラーの御言葉を掲げるための道において、辛抱したのです。アッラーは仰せられました。『ならば、忍耐せよ。使徒たちの内、決意固き者たちが忍耐したように。』(クルアーン46:35)

使徒の印と奇跡:

 アッラーはその使徒を、彼らの正直さと預言者性を示す様々な根拠と証拠によって、援護しました。その一つが、彼らの正直さを確認し、その預言者性を確証するために、人間の能力では不可能な奇跡や明らかな印によって、彼らを援護したことです。

 ここでいう奇跡とは:アッラーがその預言者と使徒の手で行わせる超常現象のことで、人間にはそのようなものを起すことが不可能なようなものです。

 その例には、以下のようなものがあります:

  • ムーサーuの杖が蛇に変化したこと。
  • イーサーuがその民に、彼らが家で食べ、蓄えるものについて告げたこと。
  • 私たちの預言者ムハンマドrが、月を真っ二つにしたこと。