慎み深さ(預言者rの人生における、いくつかの場面)

預言者rの人生における、いくつかの場面

預言者rは、最高の品性を備えた人物でした。

アッラーの使徒rは、最高の人徳としての模範でした。クルアーンが彼の品性を偉大なものとして描写したのは、そのためです。彼の妻アーイシャよりも、彼の品性を正確に表した者はいないでしょう。彼女は、こう言いました。「彼の品性は、クルアーンでした。」つまり彼はクルアーンの教えと品性における実践の、具体的モデルだったのです。

慎み深さ

  • アッラーの使徒rは、誰かが彼のことを偉大視して、彼のために起立することを望みませんでした。むしろ彼は教友たちに、そのようなことを禁じたのです。彼に対する強い愛情を持っていた教友たちでさえも、彼が姿を現したのを見た時、彼のために起立することはありませんでした。そしてそれは、彼がそれをお嫌いになることを知っていたからに外なりません(アフマド12345、アル=バッザール6637)。
  • アディー・ブン・ハーティムtが彼の改宗前に、彼のもとにやって来た時のことです。彼はアラブの有力者であり、彼の布教の事実を知りたかったのです。アディーは言いました。「私が彼の所に行くと、そこには1人の女性と2人、あるいは1人の幼児がいました‐そして彼はこの伝承の中で、彼らが預言者rから近い場所にいたことに言及します‐…それで私は彼がホスロー(ペルシャの君主)でも、カイサル(ローマ皇帝)でもないことを知ったのです。」(アフマド19381)このように、慎み深さは全預言者の品性なのです。
  • 彼rは、あたかも彼が教友たちの1人であるかのように、彼らと共に座りました。そして周りの人々から、彼が引き立つような座り方はしませんでした。それは、彼を知らない異邦人がその場にやって来ても、彼とその教友たちの区別がつかず、「あなた方の誰がムハンマドなのか?」と尋ねたほどなのです(アル=ブハーリー63)。
  • アナス・ブン・マーリクは、こう伝えて言っています。「マディーナの女奴隷の1人がアッラーの使徒rの手を取って、どこへでも連れて行ったものでした。」(アル=ブハーリー5724)この「手を取る」とは、年少者や弱者に対する思いやりと、容認の意味です。この伝承には、彼rの慎み深さを示す、様々な誇張的表現が含まれています。つまり男性ではなく女性が、また自由民の女性ではなく、奴隷女性が言及されており、しかも彼女は自分の望みを叶えてもらうために、彼をどこにでも連れて行けたからです。
  • 預言者rは、仰りました。「心に塵1粒でも高慢さがある者は、天国に入らない。」(ムスリム91)