自然な天性のスンナ

自然な天性のスンナ:

自然な天性のスンナの意味とは?

أイスラームは、ムスリムが最も美しい状態にあることを望みます。 .

自然な天性のスンナとは、アッラーが人間をそのように創造された特性のことで、ムスリムはそれを実行することでそれを完全なものとし、最良の性質と最も美しい状態を得ます。イスラームは、ムスリムが外面的・内面的な善を両立すべく、美と付加的側面も配慮しているのです。

預言者rは仰りました。「自然な天性とは5つである:割礼。陰毛を剃ること。口ひげを短くすること。爪を切ること。腋毛の除去。」(アル=ブハーリー5552、ムスリム257)

割礼:これは性器の包皮を除去することで、通常は出産して間もなく行われます。

割礼は男性にとっての自然な天性としてのスンナの1つで、推奨されています。また、健康面での多くの利益がありますが、イスラーム改宗の条件というわけではありません。恐怖や、それ以外の理由から割礼しなくても、罪を犯したことにはならないのです。

陰毛を剃ること:剃刀や、それ以外の手段によって、腋の下の剛毛を除去することです。

口ひげを短くすること:口ひげを伸ばすのは合法ですが、推奨されてはいません。しかしムスリムは、もしそれを残すのであれば、余計に伸ばすべきではありませんし、また定期的に短くしなければなりません。

あごひげを伸ばすこと:イスラームは、男性が両あごとあごの先端から生えるひげを伸ばすことを、推奨しています。

「伸ばす」とは、それを残し、預言者rのスンナに従って剃らないことです。

爪を切ること:ムスリムは爪が汚れの溜まる場所とならないよう、常々爪を手入れするべきです。

腋毛の除去:ムスリムは、そこから悪臭が漂ったりしないように、抜くなり別の手段を用いるなりして、腋毛を除去すべきです。